Mia Travel Europe

ヨーロッパ生活と旅行のあれこれ。

(前編)レンタカーでヨーロッパを旅しよう! 利点と注意点まとめ

time 2016/03/06

(前編)レンタカーでヨーロッパを旅しよう! 利点と注意点まとめ

こんばんは、miaです。ヨーロッパでのレンタカー旅行・出張を検討されている方向けに、ここ数年の私の経験をもとにレンタカーを借りる際の実際の手続きや注意点などをまとめました。

前編では準備段階として、レンタカーが向いている旅と向かない旅、レンタカーを利用するために必要な準備事項や、レンタカー会社の選び方をまとめました。渡航後の窓口での手続きやトラブル事例などについては後編の記事をご覧ください(☞リンク

レンタカーでの旅はこんな方におすすめ

  • 田舎や郊外に行きたい
  • 子供づれなどで荷物が多い
  • 融通のきくスケジュールを組みたい

レンタカー旅行の一番のメリットは行先とスケジュールの自由度です。電車とバスを乗り継いでしか行けないような小さな村にも楽々行けるし、電車の遅れやキャンセルとも無縁。早朝や夜間移動も可能です。また、お子さんがいるご家族連れの場合や荷物が多い場合も、車があると移動が圧倒的に楽ですよね。

レンタカーでの旅が向かない場合

  • 都市部を中心にまわりたい場合
  • 旅行の日程が短い場合
  • 運転に不慣れな場合

ヨーロッパの街には多くの場合、古い町並みが残る旧市街があり、観光の中心地となっています。旧市街は乗用車の利用が始まるよりずっと昔からある町並みのため、細い道や入り組んだ道が多く、運転が非常に難しいことが多いので避けた方が良いと思います。

また、ヨーロッパのほとんどの国は右側通行となっており、日本と逆のため、これに慣れるのにも1〜2日かかります。日程が短い場合、慣れる前に旅が終わる可能性があるので、公共交通機関の方が便利かもしれません。

レンタカーを運転するために必要な準備は?

  • 国際運転免許証の取得
  • レンタカーの事前予約

日本の運転免許証を持っている人は国際免許証を取得すれば、ヨーロッパの多くの国で運転することができます。オートマ車を予約すれば、オートマ限定免許でも大丈夫です。

レンタカーの場合はカウンターで、①免許証の原本(日本の免許証)と②国際免許証、および③身分証明書(パスポートなど)の提示を求められますので、この3点を用意してください。

レンタカーは当日にいきなり窓口に行っても空いている車がないこともあるので、インターネットの料金比較・予約サイト(例: rentalcars.com)や各レンタカー会社のサイトからあらかじめ予約しておきましょう。保険などは当日窓口でも追加可能ですが、ナビ(GPS)は売切れのこともあるので、あわせて事前に予約しておいた方が安心です。

レンタカーはどこで借りられるの?

レンタカー事務所は空港やターミナル駅、街中や大手ホテルの中などにあります。駅の近くや街中は運転が難しいこともあるので、空港でのレンタルがおすすめです。空港のスタッフは外国人にも慣れていることが多く、だいたいの場合英語が通じます。

また、ヨーロッパではレンタカーは基本的に24時間単位で借りるのが主流です。

レンタカー会社の選び方

大きい空港の場合たいてい5〜6社程度はレンタカー事務所が入っています。私がレンタカー会社を選ぶ際の基準には以下があります。

  • 大手グローバルチェーンであること
  • 借りたい車があること、価格
  • レンタカー事務所が空港内にあること

一般的に、ローカルの小さな会社よりも、大手のレンタカー会社のほうがトラブルが少ないようです。Europe car、AVIS / Budget、Hertz、Sixtなどはだいたいどこの空港でも見かける大手の会社です。どの会社も利用したことがありますが、窓口の対応の優劣などは店舗により異なり、どの会社が一番いいとは言いづらいです。Europe carは費用は割高ですが比較的安定した評判になっています。

車の空き状況と価格の比較には比較サイトの利用が便利です。私はいつもrentalcars.comというサイトを利用しています。借りたい日程と場所、車種(車の大きさ、AT/MTなど)を選べば、登録されている会社の保有車の中から簡単に条件を比較できます。

空港によっては、レンタカー事務所が空港から離れており、シャトルバスを使っての移動が必要になることがあります。空港内に事務所がある会社とシャトルバスエリアに事務所がある会社では、当然空港内事務所の方が便利なので、予約する際は事務所のアクセスにも注意しましょう。

down

コメントする




CAPTCHA