Mia Travel Europe

ヨーロッパを歩いて見つけた、圧倒的に素敵なものたちの記録です。

(後編)レンタカーでヨーロッパを旅しよう!利点と注意点まとめ

time 2016/03/08

(後編)レンタカーでヨーロッパを旅しよう!利点と注意点まとめ

こんばんは、miaです。ヨーロッパ滞在が圧倒的に快適になるレンタカーの利用法、前編に続き利点と注意点をまとめていきます。ヨーロッパでの運転に必要な資格、道路事情などをまとめた前編はこちら☞ 後編は実際に車を借りる際の手続き、私が経験したトラブルなどをご紹介します。

レンタカーを予約しよう!

予約に使用するサイト

レンタカーのオフィスは空港や主要駅、街中などにありますが、私はたいていの場合空港のオフィスを利用しています。事前の予約は各レンタカー会社のWebサイトか、価格比較サイトなどで行います。私がよく利用しているのは、rentalcars.comというサイト(☞) 各社の価格比較ができるので便利です。オートマ車を借りたい場合は、検索画面左横のタブ「レンタカー詳細」で、「オートマ」を選択します。

予約条件は?保険について。

rentalcars.comの場合、最初に表示される保険は各レンタカー会社のCDW(corrosion damage waiver)という標準の保険こみになっていることが多いようですが、この場合、一定額を超える損害に関しては自分で支払いする必要が生じます。盗難保険等を含む全免責(Full protection)を希望する場合は追加料金を支払い、選択することができます。保険は各レンタカー会社が提供するものの他、rentalcars.comが提供するものもあります。rentalcars.comの保険に入った場合(サイト上で案内されるのはrentalcars.comの保険です)、レンタカー会社から何らかの損害の請求がされた場合は、その費用の支払いをrentalcars.comに要求することができるようです。また、rentalcars.comの全免責保険に入っている場合でも、レンタカー会社は把握しておらず、レンタカー会社のfull protectionに加入するか? 聞かれますので、二重に入らないように注意しましょう。

私は万が一何かあると嫌なので、必ず全免責の保険に入ることにしています。一日あたりの追加保険費用は日程や場所、期間によって異なりますが、だいたい20~50ユーロくらいです。

【追記】Rentalcars.com の保険の請求手続き、実例をまとめた記事を追加しました ☞Link

オプションについて

カーナビ(GPS)を一緒に借りたい場合は事前にリクエストしておきましょう。当日でも借りられますが、高くなったり、売り切れていたりすることがあります。また、セカンドドライバーを登録したい場合などもオプションとして選択しておきましょう。

レンタカー会社とのトラブル

要注意の国No.1はイタリア

残念ながら、悪質なレンタカー会社は確実に存在します。同じチェーンのレンタカー会社でも、国や場所によって対応にひどく差があることもあります。レンタカー会社の窓口で契約書に改めてサインするときは、事前にリクエストしていないサービスが勝手に追加されていないか?費用総額は間違っていないか?不明な項目が紛れ込んでいないか?よく確認し、必ず契約書のコピーを要求するようにしましょう。遠慮は禁物です。車体の傷なども、あらかじめよく確認しておくようにしましょう。また、評判の悪いレンタカー会社はそもそも利用を避けたほうが無難です。ローカルな会社を利用する場合は、その会社名でレビューを検索してみましょう。イタリアの激安レンタカーチェーンSicily by carなどは、ネット上に被害者のレビューが溢れています。私の周りではEurope carが一番評判が良いですが、トラブルが絶対ないとは限りませんので、注意して選びましょう。

トラブル事例①違う営業所への返却による追加料金発生

レンタカーは同じ営業所への返却が原則ですが、違う営業所への返却をリクエストすることもできます。この場合、違う営業所への返却に伴う追加料金が正しく連絡されておらず、当日窓口で突然知らされ、トラブルになった経験が数度あります。特に国境を越えた営業所へ返却する場合(例えば、ドイツで借りた車をフランスで返却する場合)、たとえその距離が国内と変わらなくても、”片道料金”は数百ユーロにも上ることがあります。イレギュラーな返却の仕方をする場合は、予約画面に言及がなくても、あらかじめ確認しておいたほうが良いと思います。

トラブル事例②勝手に保険やオプションを追加。勝手にアップグレード。

レンタカー会社がなんの断りもなく、勝手にオプションを追加した契約書に「車の受領として」サインを求めてきたり、断りなくアップグレード料金を加算して良い車を貸し付けてくることがあります。私が経験したのは2度とも某グローバルレンタカーチェーンのベネチア空港営業所でした。契約書を仔細に確認し指摘したので請求は免れましたが、アップグレードを提案された場合は、同じ値段なのかどうか確認し、契約書にその通り記載されているか、よく確認するようにしましょう。

トラブル回避のために一番大切なこと。

レンタカーを借りる際のトラブルは毎回起こるわけではありませんが、そう珍しいことでもありません。一番大切なことは、よく確認せずに契約書にサインしないことです。特に請求総額、内訳などは、わかりにくい書き方の場合もありますが、納得できるまで説明を求めましょう。レンタカー窓口の手続きにはだいたい30分くらいは時間を見ておいたほうが良いでしょう。また、車の返却時にもサインを求められますが、何も追加料金がないことをサインする前に口頭でも良いので確認しましょう。

おまけ:国による運転マナーの違い。制限速度、国境の越え方など

運転マナー、制限速度等は国やエリアによって違います。体感として、私が運転したことのある国の中で運転マナーが一番悪いのはイタリアです。指示器なしの車線変更、ひやりとするような割り込み、後続車による煽り、クラクションは日常茶飯事。逆に運転マナーが良いと感じるのはデンマークやスウェーデン、オランダなど北のほうの国です。道路の舗装管理等も、エリアによってレベルが結構違います。

ドイツのアウトバーンは制限速度がないことで有名ですが、ヨーロッパでもそんなクレイジーな道路はそこだけで、ほかの道路には制限時速があります。カーナビを借りれば、都度制限速度が表示されますので、道路標識と併せて参考にされるとよいと思います。欧州域内で車で国境を超える場合は、基本的には道路のわきに「France」などと書かれた看板が立っているだけです。テロの影響で、一部の国境エリアでは徐行が求められ、車内や乗員のパスポートの確認があることもあります。

まとめ

レンタカーはヨーロッパの人にはとてもポピュラーな方法です。レンタカーをうまく使えば、行先やスケジュールなど、旅の幅がとても広がります。記載した内容はあくまで私個人の経験や認識に基づくものですが、うまくトラブルを避け、楽しい旅にできるといいですね!

それでは、bon voyage!

down

コメントする




CAPTCHA