Mia Travel Europe

ヨーロッパを歩いて見つけた、圧倒的に素敵なものたちの記録です。

テラスでビール!アントワープの休日お勧めスポット

time 2016/05/13

テラスでビール!アントワープの休日お勧めスポット

こんにちは、miaです。今日はとっても爽やかな休日を過ごせる芸術の街、ベルギーのアントワープの散策コースをご紹介します。観光地に近くカフェがたくさん集まるエリアなど必見です♪ アントワープといえば、アニメ「フランダースの犬」でネロが最後に目指した教会のある街。ヨーロッパでも有数の交易港を持つ街であると同時に、ファッション科で有名なアントワープ王立美術アカデミーや、アントワープ王立バレエ学校があり、夢を持った若いアーティストが世界中から集まる街でもあります。

アントワープ観光の所要時間、電車の予約、アクセスの仕方

アントワープの観光エリアはそんなに広くないので、美術館を覗き半日あればだいたい回れると思います。アントワープはオランダの首都アムステルダムからローカル電車で2時間(特急Thalysなら1時間)、ベルギーの首都ブリュッセルからも1時間とアクセスが良いので、日帰りでの観光もおすすめです。電車の時間の確認、電車のチケットの購入はこちらのサイトが便利です☞ NS international (外部リンク、英語)  チケット料金は、インターネットで購入した場合アムステルダムからアントワープのローカル電車なら片道19ユーロ、ブリュッセルからアントワープのローカル電車なら片道8.2ユーロととても安いです。(Thalysは早いけれどずっと高額です) 。予約なしでもチケットは買えますが、駅の窓口で購入した場合、同じ電車の同じ区間で同じ日程のチケットでももっと高くなることがあるので、ご注意ください。(私がアムステルダム空港の駅窓口で買おうとしたときはアントワープまで34ユーロと言われました)

街歩きの起点はアントワープ中央駅

antwerp1

アントワープ中央駅はそれ自体が非常に美しく見どころのひとつになっています。アントワープ中央駅の駅舎を出たら、大通りを道なりに西へずっと歩いていき、途中わきにあるお店などに立ち寄りながら、ノートルダム大聖堂や市庁舎のある広場のあたりまで行くのが良いと思います。

駅舎が美しいアントワープ中央駅

アントワープ中央駅は国の重要文化財に指定されているそうです。19世紀に建造された駅舎の細かい細工や装飾は圧巻です。駅構内にはカフェやお店が入っていて、スターバックスもあります。また、一回0.5ユーロで利用できる比較的きれいなお手洗いもあります。改札はないので、だれでも駅の中に入って見学することができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

王室御用達のチョコレートショップ”DEL REY”

中央駅を出て大通りの一つ目の角を曲がると、ベルギー王室御用達で東京とアントワープにしかショップがない、有名なチョコレート屋さんデルレイがあります。ショーケースにはとりどりのチョコレートと凝ったケーキが並び、アイスクリームケーキまで売っています。隣にはサロンが併設されており、軽食やお茶を楽しむことができます。ケーキがとてもおいしいのですが、サロンは休業日が多いので、営業時間にご注意ください。

DEL REY / Appelmansstraat 5 – Antwerpen  ☞  (外部リンク、オランダ語)

営業時間 月~土 9:00-18:30 (サロンは10:00 – 18:00)、日曜祝日 休業   他夏季休暇があります。

メインストリート De Keyserlei

メインストリート沿いにはグローバルに店舗を展開する服飾チェーンのH&MやZARAに加え、H&M HOMEやZARA HOME、ユニクロなどがあります。H&M HOMEはヨーロッパでは結構珍しいと思います。17世紀ごろ建造された建物や緑が立ち並び、歩いていてとても気持ちのいい通りです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通りをしばらく行くと左側に噴水があります。この角を左へ行けば、有名な画家ルーベンスの工房があります。また、その先にはテラスを出しているおしゃれなレストランが並んでいるので、お昼ごはんにもおすすめです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、おみやげにぴったりなかわいいパッケージのチョコレートをたくさん売っているチョコレートショップ、THE CHOCOLATE LINEもこの角のすぐ目の前にあります。単なるチョコレート屋さんとは思えない壮麗な外観。ショップの中も陳列が工夫されていて楽しいお店です。

The chocolate line website ☞Link★

教会が臨める広場Groenplaats

ノートルダム教会を奥に臨む、ヒルトン前の広場がGroenplaats (フルン広場)です。テラス席のあるレストランがたくさんあるほか、観光用のプチトランがいつも止まっています。私が行ったときは祝日のため手芸市が出ていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

可愛い布がたくさんあって参戦したくなるー!今はミシンのない家に住んでいるので我慢、我慢です。

美術館みたいな教会・アントワープのノートルダム大聖堂

アントワープ観光で個人的な一番のおすすめはこの大聖堂です。ヨーロッパをたくさん旅行していると、「ノートルダム教会」がいろんな街にあることに気づきますが、「ノートルダム(Notre Dame)」はフランス語で”Our Lady”、つまり聖母マリアを指す言葉なので、一定数あるのも納得かなと思います。アントワープのノートルダム大聖堂はかなり観光地化しており、入場は有料(一人6ユーロ)、写真撮影もフラッシュを焚かなければOKです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大聖堂自体がとても大きく、1階部分のステンドグラスも非常によく凝った美しいものばかりです。アントワープの黄金時代と言われるのは16世紀ですが、交易によってもたらされた富がどれほど大きいものだったか、教会の豪華さからも伺い知ることができます。大聖堂にはルーベンスの傑作である『キリスト昇架』と『キリスト降架』の他、たくさんの絵が飾られており、さながら美術館のようにも見えます。2枚目の写真に写っている祭壇(赤い布張りのもの)は、一つ一つがこの町で発展した商業ギルドの寄贈による祭壇を再現したもの。魚屋の祭壇、庭師の祭壇などがあり、それにちなんだ絵が飾られていておもしろいです。6カ国語の説明の中には日本語のものもありました。英語などでもわかるけど、やっぱり日本語があると嬉しいので、これからもたくさん日本の人が来てくれたらいいなと思います。

教会裏は雰囲気のいいテラスやおしゃれなカフェが集まるエリア

教会正面に向かって右へ行くとGroenplaatsに戻りますが、左から教会の裏側へ回ると、オシャレなカフェやテラスを出したバーなどが集まるエリアになっています。ちょっと休憩したり食事をとったり、テラスでビールを飲むのにぴったりです。ビール一杯3ユーロほど。ベルギーはビール大国なのでどのお店にもいろいろな種類があります。とてもおすすめの場所です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

市庁舎前広場 Grotemarktへ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

教会から市庁舎はほとんど離れていません。市庁舎がすごく豪華なのはヨーロッパの街あるあるですが、アントワープの市庁舎(Stadhuis)も例外ではなく、旗をたくさん掲げたとても立派な建物です。広場には特徴のある建物が隙間なく並んでいます。建物の雰囲気はなんとなくアムステルダムに似ています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

市庁舎から徒歩5分ほどのおすすめ写真スポット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

市庁舎の近くに大通りがあり、明るいほうへ歩いていくと川があって、橋のような見晴台がついています。見晴台から振り返ると、教会と街並みがすごくきれいなので、写真におすすめです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この見晴台の近くに、遊覧船の乗り場などもあるようです。

まとめ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いかがでしたか? アントワープで過ごす休日はいつもとても爽やかでリフレッシュできます。街歩きも全然難しくないので、是非コースをたどってみてください。

それでは、Bon voyage!

down

コメントする




CAPTCHA