Mia Travel Europe

ヨーロッパを歩いて見つけた、圧倒的に素敵なものたちの記録です。

週3海外トラベラーの究極パッキングリスト (女性向け)

time 2016/09/09

週3海外トラベラーの究極パッキングリスト (女性向け)

こんばんは、週に3日は海外に泊まりで出張するOL miaです。

旅行や出張自体は楽しみでも、パッキングは面倒ですよね。私も出張が多すぎて、当日の朝にばたばたで荷物を詰め込んで出かけることもしばしば。週の半分以上を外で泊まったりする生活が続くと、ホテルでも自宅同様にくつろがないと疲れが取れない!という悩みもあり、荷物の内容については試行錯誤を重ねてきました。そんな厳選された荷物の中身を公開します。

通常装備◎仕事用A4バッグ+機内持込みサイズのキャリー◎

キャリーはSamsoniteの超軽量型ソフトキャリーを愛用中。キャリー単体の重量はたったの1.6kg、それまで使っていたハードキャリーより1.2kgも軽くて、持ってみて感動しました。また、軽さもさることながら、ソフトキャリーのモノの入れやすさ・柔軟さは本当にハードキャリーには比べられません。何でもぽいぽい放り込めるので、私みたいにパッキング苦手なくせにぎりぎりまでやらない人の味方です。

機内持込みの場合セキュリティチェックで水分のボトルをまとめた袋などを取り出さないといけないけど、それもとっても簡単だし、多少荷物が増えても押し込めてしまうのも良いところ。デザイン性だけがハードケースには劣る気がしますが、最近は少しずつ良くなっていると思います。いつか実用性とか気にしなくていい有閑マダムになったらRimowaにしたい。

↓カラバリ豊富で安い!重量も1.8kgと軽くて良さそう。

キャリーの中身

キャリーの中身は常備しているものとこまめに入れ替えるもの(着替えなど)に分かれます。自宅で使わないものは入れっぱなしにしとくと絶対忘れなくて便利。

入れっぱなしのモノ

●スリッパ(室内履き)

室内でくつろぐために必須です。ぺたんこに潰せてほとんど場所も取らないのに、外用の靴から履き替えたときのリラックス感が素晴らしいです。ビジネスホテルや飛行機でもらえる白いペラペラのじゃなくて、300円均一とかに売ってる少しかわいいのを選ぶのがコツです(一気におうち感が出ます)。

●旅行用ヘアドライヤー

海外のホテルでドライヤーありって書いてあるのに、風力がめちゃくちゃ弱くていつまで経っても髪が乾かない。友達と順番にバスルームを使うのに、ドライヤーがバスルームから持ち出せない。そんな経験ありませんか?私はそもそも置いてあるのかとか、クオリティがどうなのかとかいちいち確認するのが面倒なので、家電量販店で2000円弱で買った小さいマイドライヤーを毎回持参・重宝しています。こんなに安かったのに、100Vと200V両方対応してるし、けっこうパワーもあるしで最高!私が使ってるのはzigzagという商標の青いドライヤーです。よく考えたら買ったの5年くらい前ですがまだ壊れない。

↓まだ売ってました!これは本当におすすめ。

パナソニック ヘアドライヤー ZIGZAGターボドライ1200 青 EH5202P-A
パナソニック(Panasonic) (2009-02-20)
売り上げランキング: 657

●いざというとき用の予備のアメニティセット

シャンプーのリフィルを忘れた、間違えてコンタクト捨ててしまった…などのトラブルに対応するためにいろいろ予備のモノをキャリーの小さいポケットに入れっぱなしにしています。新しいコンタクトレンズ・使い捨てマスク・保湿マスク・ファンデの試供品・1回使い切りのシャンプー・生理用品など。特に「あってよかった!」と思うことが多いのはコンタクトケース。新品のストッキングと下着も1枚ずついれっぱなしです。

●携帯の充電器

忘れるとつらいものNo.1の必需品。1つ余分に買って、キャリーに入れっぱなしにしています。

●ミニボトルのアメニティセット

化粧水・保湿・メイク落とし・コンタクト用品:透明の袋にまとめておきましょう。

●シャンプーとリンスとボディソープのボトル(透明の袋にまとめる)

水ものは洗面台周辺で使うものとシャワーブースで使うものに分けてまとめています。イギリスからの出国に限り、機内持込みの水ものは1袋にするよう言われますが、ほかのヨーロッパの国はだいたい大丈夫です。

●洗濯物用の袋

地味ですがこれも必須です。帰ったら洗濯かごに中身をあけて、またたたんでカバンに入れます。

●使い捨てのカトラリー

長い間入れっぱなしだったので忘れてました!スーパーで何か買って部屋で食べたい時、海外だと多くの場合カトラリーはもらえないので、100円均一とかに売ってる個包装のフォークやスプーンを忍ばせておくと便利です。

入れ替えるもの

●旅行用のねまき

洗濯用の平たいメッシュの袋に入れてます。300円均一にかわいいのがあるよ!海外のホテルはだいたいバスローブ等ついてないので持参マストです。

●着替え

ねまきとは別のメッシュの袋にまとめて入れます。下着は中身が見えないがっつりしたメッシュの袋に。(セキュリティでカバンの中を捜索される可能性があるため)時間がないからってそのまま入れたら大惨事だよ!!

●メイクポーチ

普段使ってるものをそのまま放り込みます。

●非常食とのどあめ

小袋のビスケットやナッツなどですが、ホテルだと近くにお店がないことも多いので、夜おなかがすいてしまったときのために必ず何か持ってます。出張等だと移動で食べ損ねたりすることも多いし、必需品です。のどあめは急にのどが痛くなってしまったときのために。飛行機もホテルも乾燥するので結構あります。

●PCのコード類をまとめたポーチ

ハンドバッグに入れると意外とかさばって邪魔なのでキャリーに入れるのですが、これがよくセキュリティにひっかかります!外に出しちゃうのも一手かも。

まとめ

いかがだったでしょうか?荷物はできるだけ少なく軽く、が鉄則ですが、ほんの少しの重さで快適さが大きく変わるアイテムもありますので、よかったら参考にしてみてください。

down

コメントする




CAPTCHA