Mia Travel Europe

ヨーロッパを歩いて見つけた、圧倒的に素敵なものたちの記録です。

ウィーンのお勧めクリスマスマーケット@ベルヴェデーレ宮殿

time 2016/10/23

ウィーンのお勧めクリスマスマーケット@ベルヴェデーレ宮殿

こんばんは、miaです。少しずつクリスマス気分が高まって街が華やかになっていくヨーロッパ。今日は、ウィーンで美術館として開放されているハプスブルグ家の宮殿・ベルヴェデーレ宮殿の前にある、こじんまりして可愛いクリスマスマーケットを紹介します。観光のついでに立ち寄れて雰囲気もいいのでとてもおすすめです。

ハプスブルグ家の宮殿の庭に作られたクリスマスマーケット

ハプスブルグ家の紋章が輝くベルヴェデーレ宮殿上宮の前に、20~30件ほどの店舗が軒を並べるクリスマスマーケットがあります。マーケットとしての規模は決して大きくないのですが、定番のプンシュ(スパイス入りホットワイン)、ドイツソーセージの屋台や、クリスマス雑貨を売るお店など一通りそろっていて、意外なほど楽しめるものになっています。

プンシュや温かい食べ物を売るお店。おばさんがてきぱきと注文を受けてくれます。

このマーケットの大きな特徴は、一軒一軒のお店の完成度の高さ!! ウィーンやドイツの他のクリスマスマーケットにも行ったけど、1つ1つのお店のディスプレイはここが一番かわいかったと思います。人も少ないので、ゆっくり見ることができます。

宮殿の中から見るとこんなかんじ。

美術館を観終わって、外に出てみたら、ライトの温かみがいっそう増していました。

場所の雰囲気にすごくよく合っている天使のオーナメント。

門に取り付けられた川のようなライトも点灯していました。素敵です。

ベルヴェデーレ宮殿の行き方

ベルヴェデーレ宮殿はウィーンの街の南側にあります。クリムトの『接吻』などがある上宮(Oberes Belvedere)の最寄り駅はQuartier Belvedere駅。郊外鉄道とSバーン1,2,3,4線が乗り入れる駅で、宮殿までは庭園を抜けて徒歩5分ほどです。、トラム18番線、D線とO線の駅もあります。ウィーンの公共交通機関はグーグルマップでの路線検索に対応しているのでとても便利です。

ウィーンのクリスマス情報サイト、ベルヴェデーレ宮殿のページはこちら。☞ (英語)

2016年は11月18日から12月23日まで、朝10時から夜の9時まで開いているようです。

一時はマリア・テレジアの所有となり、またフランス革命後に亡命したマリー・アントワネットとルイ16世の娘・マリー・テレーズも暮らしたというベルヴェデーレ宮殿は建物自体も見ごたえがあり、館内のコレクションはもちろんクリムトのグッズが買えるショップも楽しいです。お時間があればぜひ立ち寄ってみてください。

down

コメントする




CAPTCHA