Mia Travel Europe

ヨーロッパ生活と旅行のあれこれ。

初めて妊娠して感じた内面の変化5つ

time 2018/10/26

初めて妊娠して感じた内面の変化5つ

駐在先から帰国し、妊活を始めて2ヶ月め。妊娠が発覚しました!

妊娠出産は文字通り人生が変わる一大イベントですが、妊娠しただけでも、既に人格が変わるくらいの変化を実感しています。赤ちゃんが生まれる前に、初めての妊娠で感じた自分の内面の変化を記録しておきます。

変化①自分をコントロールできなくなる

自分をコントロールできない、といってもストイックな努力や自己管理ができないというレベルではなく、普段の普通の感情や体調が制御不能になりました。原因はホルモンバランスの乱れのようです。

感情については、妊娠以外で言うと月経前症候群(PMS)の状態に近いと思いました。わけもなくイライラして人に八つ当たりして後から落ち込んだり、人に少し親切にされただけで突然涙が出たり、ハイになったりします。

自分の体調も予測がつかず、今まで身につけてきた体調管理のノウハウが通じなくなりました。

変化②他人に対する期待値が上がる

健康で自立した大人の場合、生活上で他人に頼らないといけない場面は稀だと思います。私も普段自分の面倒は自分で見られるので、他人の助けを期待することもない反面、他人にあまり関心もありませんでした。

でも妊娠中は周りからのサポートや、社会全体のモラルがないとやっていけません。

風邪を引いている人には近づいて欲しくないし、全員が風疹やはしかの予防接種を受けていて欲しいし、体調が悪くてマタニティマークをつけているときは席を譲って欲しい。これ、全部他人への期待です。

電車で座りたいなら一本見送って次を待てばいいんだけど、その間列に立っている体力もないとなると、すがるような気持ちになってきます。感情の振れ幅が大きいのでそれだけで惨めな気持ちにさえなってしまい、だからこそ余計に誰かに助けてほしい。期待は高まる一方です。

生活や仕事の面でも周りに融通をお願いしたり、サポートしてもらわないとできないことがぐっと増えました。

周りに期待せず自分で頑張るのが当たり前だと思っていたけど、それは丈夫な体と心があって初めてできる特権だったんだなと気づきました。

変化③優先順位の総入れ替えが起こる

お仕事でもプライベートでもお買いものでも、妊娠前とは重視するポイントががらりと変わりました。

デザイン重視から機能性重視へ。

完成度重視からスピード重視へ。

体調が不安定なので、好みのデザインより少しでも体の負担を軽減できるアイテムを選ぶようになり、条件が合えば他の部分の多少のアラには目を瞑るように。自分自身も感情や思考をオフにして状況をたんたんと受け入れる場面が増えました。

仕事については、本当は今まで自分なりに築いてきた信頼を裏切らない完成度の高いアウトプットをしたいけど、実際には次の日にどのくらい働けるかもわからない状況。

突然休んでも影響を最低限にすることを優先し、締切に関わらずできることからどんどん進めて未完成資料も共有サーバに保存すること、共有サーバの中身は誰にでも簡単に説明できるようにしておくことを徹底しました。

変化④自分の体が客体化する

体が「自分」の概念の一部なのに変わりないんだけど、自分が制御できる対象ではなく、協力して付き合っていく相手になりました。

妊娠し出産する過程で、自分の意思で行えるのは最初の受精のきっかけになるセックスだけです。その後起こる全てのことは私の意思とは関係なく、体が進めてくれること。自分の体内で育っている赤ちゃんが無事であるのかすら、病院に行かなければ自分では知りようがありません。

だんだん、自分が赤ちゃんを育てているのではなく、自分の体が赤ちゃんを育てていると感じるようになりました。自分では、赤ちゃんを育ててくれている体をサポートするために、なるべく栄養が不足しないよう摂取し、ストレスを避け、よく休むようにしました。

自分の体に協力する、っていう感覚は妊娠して初めて持ったもののような気がします。

変化⑤良い社会人になりたいと思う

今まで、周りにどう思われるかより自分がどう思うか、自分が何を実現できるのかを重視してきたけど、初めて、良い社会の一員になりたいと思うようになりました。

生まれてくる子どもが生きていく環境を少しでも良いものにしたいと思ったし、子どもが大人になった時、誰に恥じることもない親であるための行動を取れるようになりたいと思った。

妊娠期間は妊娠前に考えたよりずっと長くて変化も多くて、負担も大きいですが、自分が変わったことで見える世界がひろがった気がします。だからみんな妊娠するべき!とは少しも思わないけど、これはこれでおもしろい経験だし、妊娠出産できる体を持てたこと、その機会を得られたことに感謝しています。

down

コメントする




CAPTCHA